2017年12月 4日 (月)

最終決定日に今年の振り返りと来年の展望(修羅場中)

12月3日、J2・J3リーグ最終日。昇格・降格チームが決まり、
    新たなゴングが鳴る……。



たぶん初めての方が大部分ですね、BRADDY VOICEの白河紫苑です。小学1年生の男の子がいる、どこにでもいるフツーの母ちゃんです。
一応創作文芸で18年ぐらい活動してますが、コミケ時期はJ2本制作室の編集長として、年に2回発行されるサッカーのJ2本を作ってます。

はーい、良い子のみんなは気付いてるよね、冬コミの入稿が何日ぐらいか。

……あと2週間で22チーム分・総勢45名の原稿やイラストを纏めて入稿しないといけないんですよ。これでも印刷所に無理言って、ギリギリまで〆切頑張ってもらってるんですよ。こんなに日数ないのに、表紙箔押しとか馬鹿ですよね本当……(呪詛)。

こんな状況でblogの更新とか、ほんと現実逃避なんですが(爆)、少しお付き合いください。
あっ、文芸関係の有益なお話とかは全然ないのであしからず。。。


●今年の創作関係
うーん……ほんと新作出せなかったですね。3月のテキレボ合わせで書いてた激甘恋愛小説も上梓できなかったし、7月の博フェス合わせに書き下ろした「余」の話(タイトル忘れた:爆)も世に出てないし。秋以降は死んだ魚だったし。。。
その最大の要因が、9月にパソコンのモニターが壊れたこと。
一体型デスクトップのモニターが壊れましてね……ハードは生きてるけど、全く見れない・読めない・分からない状態に(遠い目)。
だったら外部モニターに繋げば良いじゃん! って思うでしょ? ところがどっこい、私が使っていたN●Cのバリュースターは外部出力端子がついてなかったんですよ!!!
(現行のN●Cの一体型デスクトップにも外部出力端子は無いそう)
この側面にある偉そうなHDMI端子、入力専用なのかよ。意味ねぇだろ!(逆ギレ)

……もう、何もやる気にならなかったですよ。10月のテキレボの新刊は勿論アンソロも書けず、Zine展のPOPすら作れなくて手書きでしたからね(そして売り上げ惨敗:泣)。

心に誓いましたね。『もう二度と一体型は買わない!』 と(握拳)。

そんなこんなで秋は何も出来ず……やっとこ10月末にとらのあなさんから入金されたJ2本の売り上げを元に新しいPCを買ったのでした(ありがとう、読者さまっっ)。しかもBTOパソコンのゲーミング仕様ミドルタワー……刀剣乱舞ぐらいしかやらないのにな(爆)。
あっ、良かったこと、ありました。新しいパソコンを買ったので、設置するのに机周りを片付けていたら、失くしたと思ってた結婚指輪が出てきました!(何でこんな所に……;苦笑) 良かったよホント、唯一の高級貴金属だし。

本当に今年は、創作関係全然駄目ダメでしたね。どうせイベント出ても本売れないし、もうサークル活動辞めようかと思うぐらいに。


●来年の展望
そんなこんなで「もうJ2本だけ作ってれば良いんじゃね?」って思ってたんですが、わたくしめの特殊装丁熱だけは冷めませんでね……修羅場になるとアイディアが落ちてくるんですよ、不思議と(笑)。

いま構想してるのは「掬う物語」ですね(誤変換ではありませんw)。話の断片を掬っていって、一つのお話にするという……そういう特殊装丁作品です。
故に、同じ話になる確率はウン万分の一とか、そんな感じ。
掬うフォークやスプーン、入れる容器はあるので、後は細部を詰める感じですね。たぶん豆本になると思います。

あとは、今年出せなかった兎角毒苺團の伊織さんとの合同誌(「余」の話)も仕上げたいですね。牛の皮(なめしていないふさふさの毛皮)が表紙の蛇腹製本です。こちらはもう材料も用意してあるし、表紙も出来ているので、伊織さんの体調次第という感じです。余が世に出る時はまた告知しますね。

今年出しそびれた『いつかの蜜の味』も完成させたいですね。表紙イラスト、もういただいているので。いつもは暗くて無駄に血しぶき飛んでる系の話、が多い白河ですが、こちらは本当に、砂糖いっぱい入れ過ぎたミルクティーみたいなゲロ甘恋愛小説です。
簡単に説明すると、10月になっても就職先が決まらない冴えない女子大生が、高校の同級生だった男の子に「5日間、僕に甘やかされてみない?」と言われて、色んな所にデートに行ってイチャイチャするお話です(身も蓋もない……)。
お試し版を読んだ知り合いからは、「やればできるじゃん」とか「本当に白河さんが書いたの?」とか「この後誰が死ぬの?」とか「どうせロクな結末じゃないんでしょ」とか失礼∞乗なことを言われましたが、ちゃんとハッピーエンドですよ、ええ。……何かが無くなるけど(意味深)。
オプション装丁はクリアートナーぐらいですかね。
まぁ興味がわいた方は、時々発破かけにきてくださいませ。


●いまそこにある危機
という訳でJ2本……正式名称は『J2ですが何か!?』といいます……が絶賛修羅場中でしてね。なんか今日一日だけで30通以上メールのやり取りしてた気が(白目)。
でもこのJ2本、読者さまのお蔭で結構な部数を刷ってまして、実はとらのあな様以外に一般書店でも販売されております(爆)。部数が増えると、色々な特殊装丁を試せるのでありがたいです。文芸個人誌(しかも衰退気味弱小サークル:吐血)だと割高になっちゃって使えないオプションを色々やれますから。去年やったコールドフォイル(キラキラ箔カラー表紙)とか、100部とかじゃもう大赤字確実ですからね。良い経験させてもらってます(印刷所にも「ウチで新しいヤツ、実験して良いから」と言ってあるw)。
今回はなんと、ナスカの電子回路マステとかで有名なコスモテックさんに和紙箔をやっていただけるそうなので(たまたま使っている印刷所さんが頼んでるのがコスモテックさんだった)、それだけで「J2本やってて良かった」と思えますね(ヲイ)。
ちなみにこの和紙箔、まず普通に箔を押したあと、和紙の薄い箔をその上に押すというもので、最初の箔のキラキラ感と、和紙箔のマット感の差を楽しむ……という感じです。その為、箔押し代は2回分、表紙もミスった時用に余分に納品しないといけないですけど(今回予備200枚って言われた……)。
印刷所さんも初めて導入するらしく、お互い手探り状態で打ち合わせしてました(笑)。
まぁJ2本に関しては、本当に編集中心なので、新たに物語を生み出す訳ではないのですが、違う生みの苦しみがありますね。自然分娩でも帝王切開でも、お産は大変なんだよ!(真顔)
こちらも仕上がりに興味のある方は、声かけてくださいませ。


なんだかんだと取り留めなく書いてしまいました。(ほぼ宣伝ですが:汗)
きっとこの後の皆さんが有益な記事を書いてくれると思うので、わたくしはこのあたりで修羅場にもどります……(涙目)。無事生還したら、個人誌でお会いしましょう!

2016年8月 6日 (土)

ご無沙汰しております。
といっても、イベント予定ぐらいしか更新していないのですが(苦笑)。

イベント参加予定
●8/10(水)~21(日) THE RIBRARY 2016
5月に発行したアルミ板作品「Biood the Bullet」を出品します。
委託販売もお願いしてますので、まだの方は是非。
色々素敵な作品がありますので、私も楽しみです。

●8/13(土) コミックマーケット90@東京ビックサイト
東5ホール ヒ-01b BRADDY VOICE ※サッカージャンルで参加

●8/21(日) COMITIA117@東京ビックサイト
東6ホール む-23a BRADDY VOICE
J2本新刊がメインの為、特に文芸の新刊はありません。

●10/8(土) 第4回Text-Revolutions@都立産業貿易センター台東館
抽選枠で直参申込み済。
今回初めてテキレボアンソロに参加しました。
兎角毒苺團さま発行のアンソロジー「夜と船」に寄稿した「夜想戯曲」の続きで、「蜜月睦言」を書き下ろしました(単体でも読めます)。
でも和というテーマよりおっさん少女ですね、コレ(笑)。
発表されたら目を通していただけると有難いです。
他、300字SSポストカードラリーや長編上等、演劇フェアに名前を入れて貰う予定です。

色々書き散らかしている割には、ちゃんとまとまった分量(本)にならないですが、書きたいものは色々あるので、っそろそろ中編以上のものをじっくり書きたいですね(願望)。

2016年4月12日 (火)

テキレボ展示についてのあれやこれ

テキレボでは色々とありがとうございました。
遅ればせながら、当日の展示についてのあれこれをまとめてみました。
今後の参考になれば幸いです。

「特殊装丁カーニバル」展示参加までの流れ

1)企画の立ち上げ
取っ掛かりは白河が「特殊装丁の作品を一堂に集めた展示とかワークショップをやりたい」と言ったのが始まり……と記憶しています。それに兎角毒苺團の伊織さんがノリノリで食いついてきたので(笑)、対外的には主催:伊織さん、副主催:白河という形でスタートしました。(といってもほぼ共同主催でしたが)

2)準備会に企画の申請
企画をやりたい旨と内容を準備会にご連絡し、許可をいただきます。
まずは企画の概要だけで大丈夫ですが、準備の進行状況に合わせて、貸し出し備品の希望や電源等の確認をします。

今回準備会に貸し出しのお願いをしたもの
・机1卓(90×180)
・パーテーション2枚
・電源の使用
※別途料金も発生しますので、このあたりは事前に設計図等を提出し、準備会に都度確認する事をオススメします。

同時に、搬入をどうするかも考え、必要に応じて
・荷さばき場の使用許可
・駐車場について
を、準備会に早めに連絡を入れておきましょう。
ちなみに今回は、搬入と搬出時に2階の荷さばき場と専用エレベーターを使わせていただき、車は一般時間貸しの駐車場に入れました。

車で自力当日搬入する場合、台東館の周辺は車が停めづらい上に、エレベーターの使用を含め苦情が入るとアレなので、荷物が多い場合は必ず準備会と打ち合わせしておきましょう。

3)展示に必要な物の調達・準備
ここからは、実際の展示に向けてのお話です。
提出した設計図を基に、必要な物を調達していきます。
今回は伊織さんと私で手持ちの什器や敷布を持ち寄り、使うえそうな物を選別、不足している物を買い足していきました。
(この展示用に2人で3000円ずつ出しあって専用財布を作り、コピー代や買い出し費用にしました)

<手持ちのもの>
・テーブル敷布
・テント飾り布
・ポスタースタンド
・ブックスタンド
・アクアリウム
・ざる
・水筒
・マスキングテープ
・養生テープ
・延長コード(コンセント5口タイプ、1m×2)
・クリップライト
・カーテンクリップ
・カードスタンド
・イーゼル
・額
・什器各種
・1.8mの細い棒×2

<展示用に買ったもの>
・布(テント部1.5m巾×5m、前垂れ部1m巾×2m)
・ポスタースタンド用伸縮延長棒
・テーブルクロス留め
・カードスタンド
・テントトップ飾り
・玉付き毛糸
・酸素ポンプ(笑)
◎ブックスタンド
◎可愛い入れ物(小さい作品を入れるのに使用)
◎木製トレー
◎カムテープ
◎養生テープ
◎フェルト製コースター(6枚入り×3種)
◎模造紙
◎大きい付箋(当日感想を書いていただいて、壁面コーナーに貼りました)
◎ボード(間に合わず未使用)
※◎は百均で購入

<外部印刷した物>
・作家別展示作品紹介(A3×6)
・A3看板用ポスター
・B1ポスター(確認不足で失礼しました:土下座)

<自作したもの>
・段ボールのひな壇
・ガーランド
・作品紹介カード
・テント上部用看板(当日間に合わず:汗)

今回の買い出しで一番の大物は、テント用の5mの布だったと思います。
あの生地、実はカーテン生地でして……白河の昔の仕事と実家の家業をフル稼働して仕入れました(笑)。
机が大きいのでどうしても1.5m巾は必要で、しかも照明を使う関係からあまり光をとさない物というと、薄手の遮光のドレープカーテンが良いかなぁと(重いとポスタースタンドで加重を支えきれない可能性があったので)。
知り合いのカーテン屋さんでカタログを見せて貰って品番をチェックし、父に電話して仕入れました(笑)。
送料しか払ってないんですが、普通に買ったら15,000円ぐらいすると思います(爆)。
因みに敷布も、難燃のカーテン生地を四方ロックした物です。

4)実際の展示方法についてシュミレーションする
参加作家様から展示用作品をどれにするか確認し、買ってきた什器を実際に並べてシュミレーションをし、不足物がないかとか当日の流れを確認します。
正直な所、立体展示関係は実際に使う机やパーテーションを使ってやるのが一番なんですが、そうもいかないので、床にサイズ出してやりました。
布関係も、実際パーテーションとポスタースタンドで組み立ててみないと分からないのですが、手順とイメージ確認の意味で広げてみました。
あの日は色んな事があったのですが、水難と破壊の相が出ていて、キーボードと本を水没させたり、ブクブクの石を壊したり、結構散々な状態でした(そりゃもうトラウマレベルで:苦笑)。

5)当日
自分のスペース用品や頒布物は宅急便で送り、当日搬入物は展示用のだけにしました。
(事前の打ち合わせで、余計な物は一切持って行かないようにしました)
段ボールのひな壇と長物、そして観覧車が一番かさばりましたね(苦笑)。
それでも3人乗車の軽自動車に、全部積み込めました。
設営が終わってからの方が良いだろうと思い9:30頃会場に行ったのですが、早々に終わっていたようで、私達が到着した時は皆さん自スペースの準備を始めてました。
展示に時間がかかるようなら、9時には到着しておいた方が良いかもしれません。
(この辺りも準備会の方と相談した方が良いかと思います)
当日はICUの河村さんと、その売り子さんにも設営を手伝っていただきました。
(大変助かりました! ありがとうございます!!)

<設営方法>
多少前後しますが、こんな感じでテントを組み立てました(笑)

・テーブルに段ボールひな壇を置き、電気関係の配線をする。
・テーブルクロスを敷き、パーテーションとポスタースタンドをセットする。
・1.8mの棒を組み合わせた物を上部にわたし、テント用の布と前垂れ用の金の布をかける。
・薄手の黒い布をサイドに掛け、ヘッド飾りと共にカーテンクリップで布を留める。
・ガーランドを飾る。
・作家紹介等をパーテーションに貼る。
・水を入れたアクアリウムを設置する。
・展示作品を並べる。
・作品紹介カードを置く。

Dsc_1613_2

ざっと書くとこんな感じなんですが、まぁ事件は現場で起こるものでして(苦笑)。
パーテーションが想定通りに折れなくて、現場で1.8mの棒を組み直して長くしたり、時間が足らなくて水槽に本を入れられなかったりと、まぁ結構なドタバタでしたね。
準備会の方で延長コードを用意していただいていたのですが、長さが全然足りず、こちらから持って行っていて正解でした。
あと、布物を扱う上で、カーテンクリップがかなり優秀でしたね。
今回3種類の布を組み合わせていたのですが、パーテーションとの固定や布同士をまとめるのにと、本当に大活躍でした。
そして何よりの必須アイテムは、養生テープでした。
2枚のパーテーションとポスタースタンドの固定、配線の固定、見えない所の補強に無いと本当に困ったと思います。
本当は展示スペースに常に一人は案内係を置きたかったのですが、人手不足で不在の時もあり……もう少し個々の作品の説明とかをしたかったですね。
あと、折角マイクがあるので、うちも含め、各企画の紹介や誘導があっても良かったかなぁと思いました。

<反省点>
・設営イメージを、多くの人と共有しておけばよかった
設営の時間的にも物量的にも、あと一人は共有イメージを持った人が居たら、お手伝いいただくのにも不手際が少なかったと思います。ある程度大がかりな事をやる時は、情報を共有する人数は多い方が良いと思います。

・準備会との連絡は密に取る
後で知ったのですが、台東館の天井は吊り物OKだったそうで……知っていたらポスタースタンドではなく、布を天吊りでテントにする事も出来たのかなぁと。
そういうのも含め、準備会の方とは、早め早めに連絡を取り合う事をオススメします。
企画内容・搬入方法含め、何がしたい、何が出来るか、これはどうすれば良いか等々、分からない事や希望は早めに伝えておくのが良いです。
また、先に触れた通り、「情報共有」の観点からも、問い合わせはTwitterのれぼんちゃんではなく、HPの「メールフォーム」から行いましょう
そうすれば他のスタップさんにも「こういう事をやろうとしているのね」というのが分かるそうなので。

だらだらと書いてしまいましたが、何かの参考になれば幸いです。
テキレボは色んな企画をやり易いイベントですので、是非皆さんもイベントの既成概念を覆すような事にチャレンジしてみて下さい(笑)。
今回「特殊装丁カーニバル」にご協力いただいた皆さんと、当日スペースにお立ち寄りいただいた方々に心から感謝申し上げます。ありがとうございました!

Dsc_1610_2

2016年2月23日 (火)

イベント参加予定&新刊情報

ご無沙汰しています。
全然ブログ更新してなかったですね。すみません。
取り急ぎ、イベント参加予定とテキレボ情報です。

<イベント参加予定>
3/21(月・祝) 第3回 Text-Revolutions@東京都立産業貿易センター台東館 4F
  スペース A-03 BRADDY VOICE
5/5(木・祝) COMITIA116@東京ビッグサイト

テキレボでは、企画展示の「特殊装丁カーニバル」に参加させていただきます。
色んな特殊装丁作品が一同に集まる滅多にない機会ですので、是非お立ち寄り下さいませ。。
また、それに合わせて企画誌を発行します。
「特殊装丁カーニバル −ターヘル・アナトミア−」A5/44P/予価300円
特殊装丁に関する情報満載の1冊です。
カーニバルを楽しんでいただけるよう、準備頑張りますので、宜しくお願い致します。

テキレボではもう1冊、合同誌を発行します。
「cut-cut-cut triplet」A5/44P/予価500円
河村塔王さん@ICU、伊織さん@兎角毒苺団、白河の合作誌。
四段構成の文章/小説を、自分(読み手)が自由に組み替えられる実験小説。
そのまま読んでも3人の個性をシャッフルしてもOKです。
こちらの装丁もお楽しみに!

他、白河も参加している「長編上等」さんのガイドブックに、「赫い月」シリーズのキャラ紹介を兼ねた番外編「微熱」を書き下ろさせていただきました。
こちらはもう懐かし過ぎるので、知っている人の方が少ないと思いますが(汗)。

「300字SSポストカードラリー」や「白衣本ラリー」にも参加しておりますので、ご来場の際はスペースまで遊びに来て下さいませ。
宜しくお願い致します。

2015年10月13日 (火)

イベント参加予定とかいろいろ

諸々更新遅れててすみません。

テキレボではありがとうございました。
ほとんと告知ナシだったのですが、ポストカードラリーや無配本ラリーなど、色んな方にお立ち寄りいただきました。
売り上げは……まぁ聞かないでいただきたいレヴェルですが(苦笑)。

<今後のイベント参加予定>
11/15(日) COMITIA <や-04b> BRADDY VOICE
11/23(月・祝) 文学フリマ(申し込み済)

11月のティアでは、久々にうちのスペースをゴシックでブラックな感じにして、お洒落試験管本とかを出したいなぁー。
あと、来年ぐらいに、書き下ろしを加えた「die[  ]mind」シリーズの総集編も出したい。。。
ほんとはメイズシリーズも何とかしたい(爆)。
そんな野望を抱きつつ、水面下でゴニョゴニョしています。
もし良かったらまた絡んで下さいませ。
それでは。

2015年4月19日 (日)

イベント参加予定&委託本のご案内

GWのイベント参加予定です。

5月4日(月)文学フリマ東京@東京流通センター(D-34)
5月5日(日)COMITIA@東京ビックサイト(T-11b)

 ※どちらも「BRADDY VOICE」名義で参加


個人誌の新刊はありませんが、白河も参加した本を委託させていただきます。

「僕と俺と魔女とオタクの空白のお話」
(暗黒通信団さま発行)A5/36P/300円
 * 書店配本予定: 5/2 (書協DB登録日)
  ISBN 978-4-87310-009-8 (C0093)
暗黒通信団さまHP>http://mikaka.org/~kana/d.htm?index-J.html

Photo_2

企画発案から1年かけて完成したリレー小説。
こびとさん1人1000文字以内で、何だかハチャメチャなファンタジーを書いてます(笑)。
まさかあの、円周率の本などで有名な暗黒通信団さまの発行物に、錚々たるメンバーと共に自分の書いたものが載る日が来るとは……!!
人生何があるか分かりませんね。
そしてこの、センス微妙なタイトルを付けたのが自分だと、コレを書いてて思い出しました(爆)。


「夜と舟」
(兎角毒苺團さま発行)B6/54P/本のみ400円
ブレスレット付1600円/ネックレス付2700円/ブレス+ネックレス付3800円
詳細>http://tokakudokuitigo.doorblog.jp/

Photo_3

表題タイトルをテーマにしたアクセサリーとアンソロジー本のセット。
白河は装丁を少々と、何故か表紙もやらせていただきました(爆)。
「夜想戯曲」という短編を寄稿してます。
(主宰さまからの要望はSFでハードボイルドだったのに、なぜかおっちゃんと少女の話になっていたという……:爆)


「七文字でつながる連作超短編を書こう!2015」
(雲上回廊+闇擽さま発行)A6/134P/500円
雲上回廊さまHP>http://unjyou.jimdo.com/

7

500文字以内で、前の方の小説から任意の7文字を抜いて、リレー形式で繋いでいく短編集。
別名、濃縮系「ルー小説」(笑)。
白河は「何度もわらう」を寄稿しました。


他、テキレボでの新刊(下の写真)等をお持ちしますので、是非お立ち寄り下さいませ。

D

D_2

2015年2月27日 (金)

Text-Revolutions 頒布物のご案内

03月08日(日)川崎市産業振興会館 4F展示ホールで開催されるText-Revolutions に参加します。
 展09 BRADDY VOICE

新刊はまだ形になっていませんが、取り敢えず特殊装丁の試験管と封書の予定です。
「D」の書簡(封書) ¥300
「A」の私信(試験管) ¥300

また、こちらの2作品を入れられる特製BOX(限定3個)も+¥100でご用意しました。

Photo


それから、うちの息子(4歳児)の言葉とイラストをポストカードにしました(笑)。
こちらもそんなに数はないですが、直球の台詞と難解な落書きを眺めにきて下さいませ。

「なゆたのことば」 ポストカード5枚組 100円
Photo_2


折角の展示ブース配置なので、何か持って行きたいなぁ。
ちょっと変わった作品もあるので、是非賑やかしに来て下さいませ。

また、遠方だったり諸事情で参加出来ない方向けに、テキレボでは画期的なお買い物代行サービスがございます。
是非活用してみて下さい!

お買い物代行サービスの概要はこちら>http://text-revolutions.com/event/shopping
Webカタログはこちら>


~頒布物紹介~

<コミティア新刊>「葬送邂逅」特殊装丁/500円

Dsc_1000


「Die[ ]mind」シリーズの番外編的なお話。これ単体でも大丈夫です。


「過去形真実」A5/56P/400円
Kakokeishinjitsu_d

女優と演出・脚本助手兼広報だった2人が、過去に置いてきた夢と日常の狭間で葛藤する、大人の恋愛ストーリー。
表紙は高田桂先生(@takadakatsura)の美麗イラストです!
※新刊をお買い上げの方に、こちらの表紙デザインポストカードをプレゼント!


<その他既刊>

*メイズシリーズ(刑事物・ハードボイルド風味の人間模様読み切り)
「灼熱の華」A5/36P/300円
「混沌の住人」A5/40P/300円
「2×4の奇縁」(残5)A5/36P/200円
「2.8gの寓話」(残5)A5/28P/100円
「カウンター」(残1)A5/15P/100円

*「die[ ]mind」シリーズ(ゴシックホラー系装丁凝りまくり本)
「die[lost]mind」(残6)B5/32P/300円

*赫い月シリーズ(長編人間群像ファンタジー)
「下弦の組曲 セレナーデ」A5/68P/400円 ※お買い上げの方に本編プレゼント!
「下弦の組曲 コンチェルト」(残1)A5/44P/200円
「深紅の吐息」(残8)新書版/68P/200円

*その他
「甘い夢」全4巻セットB7/各36P/200円(ミヤという少女を巡るミステリー)

*試験管シリーズ
何種類かあります。各300円

*J2本関連
「J2ですが何か!? ~2014 2nd Leg~」B5/134P/1100円
「J2の何たるかを教えてやる!!!」A5/92P/600円


3月以降のイベント参加予定は5月のCOMITIAと文学フリマ東京の予定です。
それでは、皆様とお会い出来るのを、楽しみにしております。

2015年1月31日 (土)

COMITIA頒布物のご案内

2月1日(日)のCOMITIA@東京ビックサイトでの頒布物です。
久々に特殊装丁本も作りましたし、ティア初売りの本もございます。

また、コミケ新刊のJ2本も再販しますので、良かったら是非お立ち寄り下さいませ。

東6ホール も-37a BRADDY VOICE
(子連れスペースですが、文芸島からも近いです♪)



<最新刊>
「葬送邂逅」(限定7)特殊装丁/500円

Dsc_1000

「Die[ ]mind」シリーズの番外編的なお話。これ単体でも大丈夫です。


<コミティア新刊>
「過去形真実」A5/56P/400円
Kakokeishinjitsu_d

女優と演出・脚本助手兼広報だった2人が、過去に置いてきた夢と日常の狭間で葛藤する、大人の恋愛ストーリー。
表紙は高田桂先生(@takadakatsura)の美麗イラストです!
※新刊をお買い上げの方に、こちらの表紙デザインポストカードをプレゼント!


<既刊>

*メイズシリーズ(刑事物・ハードボイルド風味の人間模様読み切り)
「灼熱の華」A5/36P/300円
「混沌の住人」A5/40P/300円
「2×4の奇縁」(残5)A5/36P/200円
「2.8gの寓話」(残5)A5/28P/100円
「カウンター」(残1)A5/15P/100円

*「die[ ]mind」シリーズ(ゴシックホラー系装丁凝りまくり本)
「die[lost]mind」(残6)B5/32P/300円
「die[most]mind」(残1)B5/36P/300円

*赫い月シリーズ(長編人間群像ファンタジー)
「下弦の組曲 セレナーデ」A5/68P/400円 ※お買い上げの方に本編プレゼント!
「下弦の組曲 コンチェルト」(残1)A5/44P/200円
「深紅の吐息」(残8)新書版/68P/200円

*その他
「甘い夢」全4巻セットB7/各36P/200円(ミヤという少女を巡るミステリー)

*試験管シリーズ
何種類かあります。各300円

*J2本関連
「J2ですが何か!? ~2014 2nd Leg~」B5/134P/1100円
 ※キューポッシュプレゼントキャンペーン、ミニフラッグ付
「J2の何たるかを教えてやる!!!」A5/92P/600円


皆様とお会い出来るのを、楽しみにしております。

2015年1月22日 (木)

イベント参加予定

明けましておめでとうございました(苦笑)。
今年もぼちぼち活動していきますので、宜しくお願い致します。

イベント参加予定
2月1日(日) COMITIA@東京ビックサイト(も-37a)
3月8日(日) Text-Revolutions@川崎市産業振興会館 4F展示ホール
どちらも「BRADDY VOICE」で直参しますので、宜しくお願い致します。

COMITIA合わせの新刊は、久々に凝った変態装丁仕様の予定。
ちなみに下の写真が、新刊の材料です(爆)。

Dsc_0994


あと「過去形真実」もティアでは初売りとなりますので、是非宜しくお願い致します。
頒布物のご案内は、また改めて。。。

 
 

2014年11月20日 (木)

文学フリマ 新刊&既刊情報

11月24日(月・祝)の開催される文学フリマ@東京流通センターに参加します。
 1階Eホール D-48「BRADDY VOICE」
創作小説スタンプラリーや卒塔婆カーニバルにも参加しております。
今回、文フリほぼ初参加という事で、既刊誌も価格を改定していっぱい持って行きますので、良かったら是非お立ち寄り下さいませ。

<新刊>「過去形真実」A5/56P/400円
Kakokeishinjitsu_d

女優と演出・脚本助手兼広報だった2人が、過去に置いてきた夢と日常の狭間で葛藤する、大人の恋愛ストーリー。
表紙は高田桂先生(@takadakatsura)の美麗イラストです!
※新刊をお買い上げor創作小説スタンプラリー参加者さまに、こちらの表紙デザインポストカードをプレゼント!

<既刊>

*メイズシリーズ(刑事物・ハードボイルド風味の人間模様読み切り)
「灼熱の華」A5/36P/300円
「混沌の住人」A5/40P/300円
「2×4の奇縁」(残6)A5/36P/200円
「2.8gの寓話」(残6)A5/28P/100円
「カウンター」(残1)A5/15P/100円

*「die[ ]mind」シリーズ(ゴシックホラー系装丁凝りまくり本)
「die[lost]mind」(残6)B5/32P/300円
「die[most]mind」(残1)B5/36P/300円

*赫い月シリーズ(長編人間群像ファンタジー)
「下弦の組曲 セレナーデ」A5/68P/400円 ※お買い上げの方に本編プレゼント!
「下弦の組曲 コンチェルト」(残1)A5/44P/200円
「深紅の吐息」(残8)新書版/68P/200円

*(追っかけ版)鉄道旅行記シリーズ
「TRAING」A5/156P/500円
「ティフォシ 鈴鹿に行く」(残8)A5/36P/100円

*その他
「甘い夢」全4巻セットB7/各36P/200円(ミヤという少女を巡るミステリー)
「スクリーン」(残3)A5/20P/100円(一目惚れした女子高生のお話)
「妄想地下室」(残3)B5/56P/300円(寄稿作を中心とした作品集)
「PAYSAGE 2」A5/100P/500円
↑同じストーリーを参加者それぞれの物語にする大好評アンソロジーです!

*試験管シリーズ
何種類かあります。各300円

*J2本関連
「J2ですが何か!? ~2014 1st Leg~」B5/158P/1200円
「J2の何たるかを教えてやる!!!」A5/92P/600円


あと、白河が寄稿させていただいた作品がこちらにもございますので、良かったら是非。

「あるアパートにて、」 文学フリマガイドブックさま(E-10)
メイズシリーズの登場人物で「日常の闇底」を書かせていただきました

「卒塔婆カーニバル」 兎角毒苺團さま(エ-01・02)
3本ほど怖いお話を書きました。蛆虫チューが個人的にお気に入り(笑)。

«文学フリマに参加します