« イベント参加予定&新刊情報 | トップページ | »

2016年4月12日 (火)

テキレボ展示についてのあれやこれ

テキレボでは色々とありがとうございました。
遅ればせながら、当日の展示についてのあれこれをまとめてみました。
今後の参考になれば幸いです。

「特殊装丁カーニバル」展示参加までの流れ

1)企画の立ち上げ
取っ掛かりは白河が「特殊装丁の作品を一堂に集めた展示とかワークショップをやりたい」と言ったのが始まり……と記憶しています。それに兎角毒苺團の伊織さんがノリノリで食いついてきたので(笑)、対外的には主催:伊織さん、副主催:白河という形でスタートしました。(といってもほぼ共同主催でしたが)

2)準備会に企画の申請
企画をやりたい旨と内容を準備会にご連絡し、許可をいただきます。
まずは企画の概要だけで大丈夫ですが、準備の進行状況に合わせて、貸し出し備品の希望や電源等の確認をします。

今回準備会に貸し出しのお願いをしたもの
・机1卓(90×180)
・パーテーション2枚
・電源の使用
※別途料金も発生しますので、このあたりは事前に設計図等を提出し、準備会に都度確認する事をオススメします。

同時に、搬入をどうするかも考え、必要に応じて
・荷さばき場の使用許可
・駐車場について
を、準備会に早めに連絡を入れておきましょう。
ちなみに今回は、搬入と搬出時に2階の荷さばき場と専用エレベーターを使わせていただき、車は一般時間貸しの駐車場に入れました。

車で自力当日搬入する場合、台東館の周辺は車が停めづらい上に、エレベーターの使用を含め苦情が入るとアレなので、荷物が多い場合は必ず準備会と打ち合わせしておきましょう。

3)展示に必要な物の調達・準備
ここからは、実際の展示に向けてのお話です。
提出した設計図を基に、必要な物を調達していきます。
今回は伊織さんと私で手持ちの什器や敷布を持ち寄り、使うえそうな物を選別、不足している物を買い足していきました。
(この展示用に2人で3000円ずつ出しあって専用財布を作り、コピー代や買い出し費用にしました)

<手持ちのもの>
・テーブル敷布
・テント飾り布
・ポスタースタンド
・ブックスタンド
・アクアリウム
・ざる
・水筒
・マスキングテープ
・養生テープ
・延長コード(コンセント5口タイプ、1m×2)
・クリップライト
・カーテンクリップ
・カードスタンド
・イーゼル
・額
・什器各種
・1.8mの細い棒×2

<展示用に買ったもの>
・布(テント部1.5m巾×5m、前垂れ部1m巾×2m)
・ポスタースタンド用伸縮延長棒
・テーブルクロス留め
・カードスタンド
・テントトップ飾り
・玉付き毛糸
・酸素ポンプ(笑)
◎ブックスタンド
◎可愛い入れ物(小さい作品を入れるのに使用)
◎木製トレー
◎カムテープ
◎養生テープ
◎フェルト製コースター(6枚入り×3種)
◎模造紙
◎大きい付箋(当日感想を書いていただいて、壁面コーナーに貼りました)
◎ボード(間に合わず未使用)
※◎は百均で購入

<外部印刷した物>
・作家別展示作品紹介(A3×6)
・A3看板用ポスター
・B1ポスター(確認不足で失礼しました:土下座)

<自作したもの>
・段ボールのひな壇
・ガーランド
・作品紹介カード
・テント上部用看板(当日間に合わず:汗)

今回の買い出しで一番の大物は、テント用の5mの布だったと思います。
あの生地、実はカーテン生地でして……白河の昔の仕事と実家の家業をフル稼働して仕入れました(笑)。
机が大きいのでどうしても1.5m巾は必要で、しかも照明を使う関係からあまり光をとさない物というと、薄手の遮光のドレープカーテンが良いかなぁと(重いとポスタースタンドで加重を支えきれない可能性があったので)。
知り合いのカーテン屋さんでカタログを見せて貰って品番をチェックし、父に電話して仕入れました(笑)。
送料しか払ってないんですが、普通に買ったら15,000円ぐらいすると思います(爆)。
因みに敷布も、難燃のカーテン生地を四方ロックした物です。

4)実際の展示方法についてシュミレーションする
参加作家様から展示用作品をどれにするか確認し、買ってきた什器を実際に並べてシュミレーションをし、不足物がないかとか当日の流れを確認します。
正直な所、立体展示関係は実際に使う机やパーテーションを使ってやるのが一番なんですが、そうもいかないので、床にサイズ出してやりました。
布関係も、実際パーテーションとポスタースタンドで組み立ててみないと分からないのですが、手順とイメージ確認の意味で広げてみました。
あの日は色んな事があったのですが、水難と破壊の相が出ていて、キーボードと本を水没させたり、ブクブクの石を壊したり、結構散々な状態でした(そりゃもうトラウマレベルで:苦笑)。

5)当日
自分のスペース用品や頒布物は宅急便で送り、当日搬入物は展示用のだけにしました。
(事前の打ち合わせで、余計な物は一切持って行かないようにしました)
段ボールのひな壇と長物、そして観覧車が一番かさばりましたね(苦笑)。
それでも3人乗車の軽自動車に、全部積み込めました。
設営が終わってからの方が良いだろうと思い9:30頃会場に行ったのですが、早々に終わっていたようで、私達が到着した時は皆さん自スペースの準備を始めてました。
展示に時間がかかるようなら、9時には到着しておいた方が良いかもしれません。
(この辺りも準備会の方と相談した方が良いかと思います)
当日はICUの河村さんと、その売り子さんにも設営を手伝っていただきました。
(大変助かりました! ありがとうございます!!)

<設営方法>
多少前後しますが、こんな感じでテントを組み立てました(笑)

・テーブルに段ボールひな壇を置き、電気関係の配線をする。
・テーブルクロスを敷き、パーテーションとポスタースタンドをセットする。
・1.8mの棒を組み合わせた物を上部にわたし、テント用の布と前垂れ用の金の布をかける。
・薄手の黒い布をサイドに掛け、ヘッド飾りと共にカーテンクリップで布を留める。
・ガーランドを飾る。
・作家紹介等をパーテーションに貼る。
・水を入れたアクアリウムを設置する。
・展示作品を並べる。
・作品紹介カードを置く。

Dsc_1613_2

ざっと書くとこんな感じなんですが、まぁ事件は現場で起こるものでして(苦笑)。
パーテーションが想定通りに折れなくて、現場で1.8mの棒を組み直して長くしたり、時間が足らなくて水槽に本を入れられなかったりと、まぁ結構なドタバタでしたね。
準備会の方で延長コードを用意していただいていたのですが、長さが全然足りず、こちらから持って行っていて正解でした。
あと、布物を扱う上で、カーテンクリップがかなり優秀でしたね。
今回3種類の布を組み合わせていたのですが、パーテーションとの固定や布同士をまとめるのにと、本当に大活躍でした。
そして何よりの必須アイテムは、養生テープでした。
2枚のパーテーションとポスタースタンドの固定、配線の固定、見えない所の補強に無いと本当に困ったと思います。
本当は展示スペースに常に一人は案内係を置きたかったのですが、人手不足で不在の時もあり……もう少し個々の作品の説明とかをしたかったですね。
あと、折角マイクがあるので、うちも含め、各企画の紹介や誘導があっても良かったかなぁと思いました。

<反省点>
・設営イメージを、多くの人と共有しておけばよかった
設営の時間的にも物量的にも、あと一人は共有イメージを持った人が居たら、お手伝いいただくのにも不手際が少なかったと思います。ある程度大がかりな事をやる時は、情報を共有する人数は多い方が良いと思います。

・準備会との連絡は密に取る
後で知ったのですが、台東館の天井は吊り物OKだったそうで……知っていたらポスタースタンドではなく、布を天吊りでテントにする事も出来たのかなぁと。
そういうのも含め、準備会の方とは、早め早めに連絡を取り合う事をオススメします。
企画内容・搬入方法含め、何がしたい、何が出来るか、これはどうすれば良いか等々、分からない事や希望は早めに伝えておくのが良いです。
また、先に触れた通り、「情報共有」の観点からも、問い合わせはTwitterのれぼんちゃんではなく、HPの「メールフォーム」から行いましょう
そうすれば他のスタップさんにも「こういう事をやろうとしているのね」というのが分かるそうなので。

だらだらと書いてしまいましたが、何かの参考になれば幸いです。
テキレボは色んな企画をやり易いイベントですので、是非皆さんもイベントの既成概念を覆すような事にチャレンジしてみて下さい(笑)。
今回「特殊装丁カーニバル」にご協力いただいた皆さんと、当日スペースにお立ち寄りいただいた方々に心から感謝申し上げます。ありがとうございました!

Dsc_1610_2

« イベント参加予定&新刊情報 | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2028975/64944055

この記事へのトラックバック一覧です: テキレボ展示についてのあれやこれ:

« イベント参加予定&新刊情報 | トップページ | »