« | トップページ

2017年12月 4日 (月)

最終決定日に今年の振り返りと来年の展望(修羅場中)

12月3日、J2・J3リーグ最終日。昇格・降格チームが決まり、
    新たなゴングが鳴る……。



たぶん初めての方が大部分ですね、BRADDY VOICEの白河紫苑です。小学1年生の男の子がいる、どこにでもいるフツーの母ちゃんです。
一応創作文芸で18年ぐらい活動してますが、コミケ時期はJ2本制作室の編集長として、年に2回発行されるサッカーのJ2本を作ってます。

はーい、良い子のみんなは気付いてるよね、冬コミの入稿が何日ぐらいか。

……あと2週間で22チーム分・総勢45名の原稿やイラストを纏めて入稿しないといけないんですよ。これでも印刷所に無理言って、ギリギリまで〆切頑張ってもらってるんですよ。こんなに日数ないのに、表紙箔押しとか馬鹿ですよね本当……(呪詛)。

こんな状況でblogの更新とか、ほんと現実逃避なんですが(爆)、少しお付き合いください。
あっ、文芸関係の有益なお話とかは全然ないのであしからず。。。


●今年の創作関係
うーん……ほんと新作出せなかったですね。3月のテキレボ合わせで書いてた激甘恋愛小説も上梓できなかったし、7月の博フェス合わせに書き下ろした「余」の話(タイトル忘れた:爆)も世に出てないし。秋以降は死んだ魚だったし。。。
その最大の要因が、9月にパソコンのモニターが壊れたこと。
一体型デスクトップのモニターが壊れましてね……ハードは生きてるけど、全く見れない・読めない・分からない状態に(遠い目)。
だったら外部モニターに繋げば良いじゃん! って思うでしょ? ところがどっこい、私が使っていたN●Cのバリュースターは外部出力端子がついてなかったんですよ!!!
(現行のN●Cの一体型デスクトップにも外部出力端子は無いそう)
この側面にある偉そうなHDMI端子、入力専用なのかよ。意味ねぇだろ!(逆ギレ)

……もう、何もやる気にならなかったですよ。10月のテキレボの新刊は勿論アンソロも書けず、Zine展のPOPすら作れなくて手書きでしたからね(そして売り上げ惨敗:泣)。

心に誓いましたね。『もう二度と一体型は買わない!』 と(握拳)。

そんなこんなで秋は何も出来ず……やっとこ10月末にとらのあなさんから入金されたJ2本の売り上げを元に新しいPCを買ったのでした(ありがとう、読者さまっっ)。しかもBTOパソコンのゲーミング仕様ミドルタワー……刀剣乱舞ぐらいしかやらないのにな(爆)。
あっ、良かったこと、ありました。新しいパソコンを買ったので、設置するのに机周りを片付けていたら、失くしたと思ってた結婚指輪が出てきました!(何でこんな所に……;苦笑) 良かったよホント、唯一の高級貴金属だし。

本当に今年は、創作関係全然駄目ダメでしたね。どうせイベント出ても本売れないし、もうサークル活動辞めようかと思うぐらいに。


●来年の展望
そんなこんなで「もうJ2本だけ作ってれば良いんじゃね?」って思ってたんですが、わたくしめの特殊装丁熱だけは冷めませんでね……修羅場になるとアイディアが落ちてくるんですよ、不思議と(笑)。

いま構想してるのは「掬う物語」ですね(誤変換ではありませんw)。話の断片を掬っていって、一つのお話にするという……そういう特殊装丁作品です。
故に、同じ話になる確率はウン万分の一とか、そんな感じ。
掬うフォークやスプーン、入れる容器はあるので、後は細部を詰める感じですね。たぶん豆本になると思います。

あとは、今年出せなかった兎角毒苺團の伊織さんとの合同誌(「余」の話)も仕上げたいですね。牛の皮(なめしていないふさふさの毛皮)が表紙の蛇腹製本です。こちらはもう材料も用意してあるし、表紙も出来ているので、伊織さんの体調次第という感じです。余が世に出る時はまた告知しますね。

今年出しそびれた『いつかの蜜の味』も完成させたいですね。表紙イラスト、もういただいているので。いつもは暗くて無駄に血しぶき飛んでる系の話、が多い白河ですが、こちらは本当に、砂糖いっぱい入れ過ぎたミルクティーみたいなゲロ甘恋愛小説です。
簡単に説明すると、10月になっても就職先が決まらない冴えない女子大生が、高校の同級生だった男の子に「5日間、僕に甘やかされてみない?」と言われて、色んな所にデートに行ってイチャイチャするお話です(身も蓋もない……)。
お試し版を読んだ知り合いからは、「やればできるじゃん」とか「本当に白河さんが書いたの?」とか「この後誰が死ぬの?」とか「どうせロクな結末じゃないんでしょ」とか失礼∞乗なことを言われましたが、ちゃんとハッピーエンドですよ、ええ。……何かが無くなるけど(意味深)。
オプション装丁はクリアートナーぐらいですかね。
まぁ興味がわいた方は、時々発破かけにきてくださいませ。


●いまそこにある危機
という訳でJ2本……正式名称は『J2ですが何か!?』といいます……が絶賛修羅場中でしてね。なんか今日一日だけで30通以上メールのやり取りしてた気が(白目)。
でもこのJ2本、読者さまのお蔭で結構な部数を刷ってまして、実はとらのあな様以外に一般書店でも販売されております(爆)。部数が増えると、色々な特殊装丁を試せるのでありがたいです。文芸個人誌(しかも衰退気味弱小サークル:吐血)だと割高になっちゃって使えないオプションを色々やれますから。去年やったコールドフォイル(キラキラ箔カラー表紙)とか、100部とかじゃもう大赤字確実ですからね。良い経験させてもらってます(印刷所にも「ウチで新しいヤツ、実験して良いから」と言ってあるw)。
今回はなんと、ナスカの電子回路マステとかで有名なコスモテックさんに和紙箔をやっていただけるそうなので(たまたま使っている印刷所さんが頼んでるのがコスモテックさんだった)、それだけで「J2本やってて良かった」と思えますね(ヲイ)。
ちなみにこの和紙箔、まず普通に箔を押したあと、和紙の薄い箔をその上に押すというもので、最初の箔のキラキラ感と、和紙箔のマット感の差を楽しむ……という感じです。その為、箔押し代は2回分、表紙もミスった時用に余分に納品しないといけないですけど(今回予備200枚って言われた……)。
印刷所さんも初めて導入するらしく、お互い手探り状態で打ち合わせしてました(笑)。
まぁJ2本に関しては、本当に編集中心なので、新たに物語を生み出す訳ではないのですが、違う生みの苦しみがありますね。自然分娩でも帝王切開でも、お産は大変なんだよ!(真顔)
こちらも仕上がりに興味のある方は、声かけてくださいませ。


なんだかんだと取り留めなく書いてしまいました。(ほぼ宣伝ですが:汗)
きっとこの後の皆さんが有益な記事を書いてくれると思うので、わたくしはこのあたりで修羅場にもどります……(涙目)。無事生還したら、個人誌でお会いしましょう!

« | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2028975/72367970

この記事へのトラックバック一覧です: 最終決定日に今年の振り返りと来年の展望(修羅場中):

« | トップページ